「アートで稼ぐ」NFTアート塾

アートや音楽作品のNFTマーケットへの出品方法やコツを初心者向けに大公開!

【完全版】Foundationの招待リンクを入手する方法まとめ(後編)【NFT】

f:id:hallur:20211105211828p:plain

※臨時キャンペーンのお知らせ:

2022年2月16日 22:00より、合計20枠のFoundation招待コード配布キャンペーンを開催します。数量に限りがありますので、お見逃しの無いようキャンペーン記事をご確認下さい!

www.nftartists.biz

 

 

 

前編はこちらから

www.nftartists.biz

前編に続いて、Foundationの招待リンク(招待コード)を入手するための方法を紹介していきます!

前回は「基本編」「中級編」を紹介しましたが、今回は難易度が高い「上級編」の紹介となります。また、難易度が高いだけでなく、詐欺にあうリスクや規約違反となるリスクも非常に大きいので、あくまで自己責任として参考程度にご覧いただければ幸いです。

また、本ブログはホワイトな入手方法のみを推奨します。本記事【上級編】に記載のグレーな入手方法については、あくまで参考程度としてお読みください。

 

【上級編】

7. Foundation上の作品にサクラ入札をする

f:id:hallur:20211105221524j:plain



相応のリスクが伴いますが、こんな方法もあります。なかなかアートを売ることができていないアーティストに対して、サクラ入札をする代わりにその見返りとして招待をしてもらうよう交渉する、という選択肢です。


Foundationはシステム上、入札が入ることで24時間のオークションがスタートし、サイト上で注目されやすくなります。入札数0と1では注目度が雲泥の差なのです。
サクラ入札を行った場合、以後誰も入札しなければその作品を購入しなければなりませんが、運よく誰かが入札してくれればガス代のみの負担で済みます。


サクラ入札を持ちかける相手は、まだFoundation上で作品を売ったことがないアーティスト、なるべく低い金額の作品、を選ぶようにしましょう。


ちなみにサクラ入札は規約上禁止されているので、運営にバレた場合はアカウント停止などの処分となる可能性があります。また、相手が約束通り招待をしてくれるとは限らず、招待をしてくれなかった場合は、ルール違反をした以上泣き寝入りをせざるを得なくなります。


8. Felix JosemonのInvite Code Pay-It Forward Trainをサポートする。

www.buymeacoffee.com


正直うさんくささが半端ないですが、Felix Josemon氏のInvite Code Trainの招待コード販売も選択肢として挙げましょう。こちらはあくまでサポート(寄付)をする、という名目でお金を振り込む形になります。

気にかかるのが、 Felix氏は招待コードを「Pay-It Forward Train」により入手し、販売しているそうなのですが、Foundationはマーケットプレイスの仕組み上、参加しただけでは招待枠は付与されないので、「Pay-It Forward Train」システムは通常は成り立たないはずだということです。

また、招待コード送付に掛かる期間なども明かされておらず、購入後どれくらい待たされるのかも現状不明です。

 

Felix氏は何かしら別のルートで招待リンクを仕入れているのか、それともやはり詐欺なのか。こればかりは蓋を開けてみるまでわかりませんね。

ちなみにFelix氏がカンパのため利用しているBuy Me a Coffeeというサイトはあくまで「寄付」の形をとるので、一度入金したお金は返金したり、不審請求として返金要求することができません。あくまで自己責任でお試しください。

 

9. Twitter上の招待サービスを利用する


Felix氏のサービスと比較してよりハードルが低いのが、App InviterFND Invite等のTwitter上の招待サービスプロバイダから購入するルートでしょう。ツイッター上の見ず知らずのアカウントに金銭を送ることにはもちろん相応のリスクが伴います。なるべく大型アカウントの中から、ネガティブなリプライがついていないアカウントから招待リンク購入をすることをおすすめします。


また、仮想通貨建てで金銭を送るよう要求してくるアカウントは要注意ですね。現金と異なり、仮想通貨を送ってしまうと詐欺だった場合も返金対応を行って貰えず、泣き寝入りしてしまうことになります。繰り返しになりますが、あくまで自己責任でお試しください。

ちなみに、DMを送って金額を聞いてみたところ、相場およそ150~200ドルくらいでした。

 

10. Opensea上の「Foundation Invite」NFTを購入する

こちらは、「最近見つけたユニークな記事3選」の中でも紹介しましたが、なんとOpensea上でNFTとしてFoundation Inviteが販売されているので、それを買ってしまおうという手です。

一見バカげたアイデアだと感じられるかもしれませんが、実はOpenseaマーケットプレイスには、購入者のみが見ることができるメッセージ(または文字列やURL)をNFTに付属させる機能が備わっています。それにより、Openseaがある種の仲介サービスとして機能し、売り手と買い手の間で安全に招待コードの受け渡しを可能にしているというわけです。

 

ある意味画期的ですが、もちろんリスクは伴います。中身は偽のコードかもしれませんし、せっかく購入した招待コードNFTが、開封前に運営に削除されてしまうかもしれません。また、多くの場合売り手と連絡を取る手段はありません。やはりこちらも自己責任でお試しください。

 

いかがでしたでしょうか?

前編、後編、と二部に分けて計10の方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、ホワイトで安全な手段で招待を手にすることに越したことはないですが、熱量によってはグレーな手段をとってでもどうしても招待を受けたい、というアーティストも少なくないでしょう。

 

あくまで、本記事はホワイトな方法のみを推奨しますが、本記事で紹介した各方法が少しでも皆様の参考になれば、物書き冥利に尽きます。

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

LINEオープンチャットの新設のお知らせ

この度、より有益な情報発信や、NFT初心者の方々からの質疑応答を行えるよう、LINEオープンチャットを新設しました!ご興味のある方はぜひご参加くださいませ!

line.me